ネプチューン・原田泰造、兄貴ヅラするホリケンに呆れ 「全人類の後輩だよ」

『しゃべくり007』でネプチューン・原田泰造が堀内健との絡みに呆れながら…

エンタメ

2020/05/26 18:20

ネプチューン・原田泰造
(写真提供:JP News)

25日放送『しゃべくり007』(日本テレビ系)には俳優の先輩後輩でもある城田優志尊淳がゲスト出演。2人の関係性に反応したホリケンことネプチューン・堀内健が原田泰造にいつものウザ絡みを展開し、原田が呆れる場面があった。



 

◼城田と志尊の関係性

34歳の城田を兄のように慕う25歳の志尊。多いときには週5で会うほど仲が良く、「優くんの家に行くことが多い。寝ちゃったりくつろいじゃいます」と城田宅が実家のようにくつろげると志尊は笑う。

「僕も弟みたいに思っている」と城田が賛同すると、ここでホリケンに火がつく。

ホリケンといえば番組の流れを無視するように、自身の笑いを追求するタイプだが、同番組ではトリオのメンバーである原田や名倉潤をホリケンワールドに巻き込みがち。この日もそれは健在だった。


関連記事:城田優が1回のデートで使った金額に衝撃  「それだけ使わせる女も強すぎ」

 

◼ホリケンのウザ絡みに…

城田と志尊の兄弟のような関係性から、ホリケンが「お兄ちゃんみたいな感じだ。泰造が俺に感じているような感じだ」とメンバーの原田に絡んでいくと、原田は「感じてねえわ」と即答。

さらに泰造は「なんで俺が健に(お兄ちゃん感を)感じなきゃいけないんだよ」と苦笑いを浮かべると、周囲からも「全人類の後輩だよ」とホリケンにツッコミが入った。


◼視聴者は満足

視聴者もホリケンらのやり取りに満足したようで「泰造とかホリケンみたいなおじさんになりたいぜ」「ホリケン全人類の後輩は草」「今日のホリケン面白いゎ」と称賛の声が殺到していた。原田は苦い表情を浮かべたが、それを楽しめた視聴者は多かったようだ。

自身の世界観を持ち、スキあらばそれを披露しようと企むホリケンと、その犠牲になるネプチューンメンバーの原田らとの絡みは同番組の名物と言えよう。息のあったやり取りはまさに「兄弟」のようだった。

・合わせて読みたい→城田優、好きな人から直接言われて傷ついた一言 「めっちゃツラい…」

(取材・文/しらべぇ編集部・サバマサシ