「若者のジーンズ離れ」は本当? 実際に聞いてみると…

『月曜から夜ふかし』で話題になった若者のジーンズ離れ。本当なのか?

社会

2020/05/27 10:00

ジーンズ
(Wavebreakmedia Ltd/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

老若男女、幅広い世代に親しまれているイメージのある「ジーンズ」。しかし、今年3月に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では、「若者のジーンズ離れ」が進んでいると紹介された。

番組内でインタビューを受けた10代の男性は「穿いているのはおじさん」とバッサリ。さらに女性も「おっさんくさい」「水色の穿いてきたらちょっと嫌」と話す。その様子にショックを受けた人も多かったようだ。


画像をもっと見る

 

■ジーンズはスタンダード

ジーンズをよく穿くと話すのは30代のKさん。

「普通によく穿いています。一緒に遊んでいる友達が5人いたら3人くらいはジーンズだし、スタンダードなものだと思っている。自分たちより若い世代は、『ダサい』って感じているのかもしれないけれど…。


ファッションって自分らしさの表現だと思う。人にどう思われようと、自分はジーンズが好きだし、また流行する日が来るんじゃないかな。自分はずっと穿いていたいと思う」


関連記事:ベストジーニスト一般選出候補にまさかの唐澤貴洋弁護士が有力か その理由とは

 

■ジーンズ離れは進んでいるのか?

実際のところ、ジーンズ離れは進んでいるのか。しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,880名に調査を実施した。

結果、「よく穿く」と答えた人は48.6%となった。

次ページ
■年代別に見ると…

この記事の画像(3枚)