夜の街に『ドンキ』がオープン フロア毎の「ステータス配分」が衝撃的だった

五反田にプレオープン中の『ドンキ』だが、特定のフロアの力の入れ具合が話題になっている。

話題

2020/05/27 05:45

ドンキ

「国民性」や「県民性」といった言葉があるように、立地や環境は住民たちに決して少なくない影響を与えるもの。五反田に新しくオープンする『ドン・キホーテ』は、「まさに五反田」といった風格を漂わせたフロア展開をし、話題を呼んでいる。


画像をもっと見る
 

 

■その立地は…

東京都・品川区に位置する五反田はいわゆる大人の街。企業のオフィスが多数存在するほか、JR五反田駅東口周辺には多数の居酒屋や飲み屋が出店しており、繁華街としての一面も持っている。

そんな五反田駅・東口のど真ん中にオープンする『ドンキ』では、地域の特色を前面に押し出すことに見事成功していた。


関連記事:ドンキが入口に置いたホワイトボード 「書かれた内容」に称賛相次ぐ

 

■充実度が半端じゃない

ドンキ

記者(私)はまず、地下1階にある「食品」「お酒」フロアをチェック。やはり繁華街に位置しているだけあって、アルコール類の力の入れ具合は半端ではなかった。

ズラリと並んだ商品の数にも圧倒されたが、特筆すべきはそのムーディーな内装だろう。アルコールコーナー周辺がダンスフロアのようにライトで彩られ、天井にはミラーボールが設置されている場所も。

ドンキ

店内で流れている「ドンドンドン・ド〜ンキ」でお馴染みのテーマソングも、クラブリミックスのような仕様のため、ショッピング中は心地よいビートに身を委ねよう。

次ページ
■「オトナ向け」フロアもスゴかった

この記事の画像(5枚)