Zeebra、49歳で初孫誕生「退院の日が楽しみ」 おじいちゃんはラッパー

ラッパーでヒップホップ・アーティストのZeebraが公式ツイッターで長男に第1子男児が誕生したことを報告し話題に

エンタメ

2020/05/27 13:30

Zeebra
(画像はZeebra公式ツイッターのスクリーンショット)

ラッパーでヒップホップ・アーティストZeebra(49)が、自身の公式ツイッターを更新。長男に第1子となる男児が誕生したことを報告し、祝福の声が集まっている。



 

■「初孫が産まれました!」と報告

Zeebraが初孫誕生のツイートをしたのは、26日。坊主頭に手を添えて微笑んでいる自身の顔写真を公開し、「今日の夕方に長男の息子、自分にとっての初孫が産まれました!」と報告。

新型コロナウイルスの影響で面会禁止になりまだ会えていないことを明かし、「退院の日が楽しみでしょうがないです」と心境を告白。「まだ一緒の写真が無いので、今朝願掛けに刈った俺の頭でも見てください」というコメントで文章を締めくくっている。


関連記事:高橋真麻、「出産報告直前のブログ」がマイペースすぎてほっこり

 

■「ジブ爺」「爺ブさん」という声も

現在49歳のZeebraは、1991年に結婚した一般女性との間に長男と次男を設けている。2002年にはモデルの中林美和(41)と結婚しており、中林との間には2人の女児が誕生している。

Zeebraの公式ツイッターには「おめでとうございます」「素晴らしい」といった祝福メッセージが続々と集まっており、中には「ジブ爺」「爺ブさん」というワードも見受けられる。

次ページ
■すべてのお産は奇跡だと思う?

この記事の画像(1枚)