小池都知事、ちょっとお疲れ? 会見中突如「大事な忘れ物」に気がつく

小池百合子東京都知事が、29日の定例会見で突如、私生活で生じた変化を明かした。

政治

2020/05/29 16:20

小池百合子

小池百合子東京都知事は29日の定例会見で、緊急事態宣言の解除後、店の業種や施設に応じて3段階で営業緩和を認めていく「ロードマップ」について言及。

飲食店の営業を22時まで認めるといった、現段階の「ステップ1」から、6月1日付で「ステップ2」へと移行すると発表した。



 

■「ステップ2に移行するの早いのでは?」

ステップ2では、映画館や劇場などの営業が認められるようになる。だが、緊急事態宣言の解除後わずか1週間での移行に、記者から「ステップ2に移行するのが少し早いのではないか?」と質問が飛んだ。

小池都知事は「(新規感染者数が)少し増えてきており、今後も続く懸念はある。しかし、5月15日から毎日モニタリングを実施するなど注視を続けており、皆さんがステイホーム週間が終わったから一気に外に出ていったわけでもなく、慎重な行動を取っていただいている」と時期尚早ではないことを強調した。


関連記事:ヒロミ、『アッコにおまかせ』での都知事への発言が話題 「さすがに…」と物議も

 

■クラスター発生があったが…

緊急事態宣言は解除されたが、都民が懸念しているのは新型コロナウイルスの感染拡大第二波の発生だ。宣言の解除後、東京・小金井市の病院では、看護師、患者ら9人の感染が確認され、クラスター発生の可能性が指摘されている。

小池都知事は現時点について「最近は若い人の感染者が増えてきていて、夜の繁華街への外出が原因だと考えられる。感染しない、させない行動を都民の皆様に協力してもらい、注視・警戒していかないといけない」との見方を示した。


■突如として…

連日、新型コロナ対策への対応に忙殺されている小池都知事。会見終盤、突如として「関係ないけど、ひょっとして私、口紅忘れている…?」と報道陣に問いかけ始めた。口紅をしていないと指摘されると、「そうですか、すみません…」と、照れ笑いを浮かべていた。

コロナ禍が最悪の時期を脱し、ちょっとホッとしているのか「化粧品も売れてないと聞いてるけど、このところ私、全然口紅してないんですよねぇ…」と、私生活における自身の変化も語っていた。

・合わせて読みたい→小池都知事の緊急会見に「これこそ不要不急」と批判 高須院長もバッサリ

(取材・文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部