危険ドラッグで錯乱か 64歳女性を性的暴行した30代男を逮捕

安く手に入る危険ドラッグ。恐ろしい事件が起きるたびに、誰もが「絶対に許してはならない」と強く感じている。

社会

2020/05/30 19:00

危険ドラッグ
(Doug Menuez/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

常軌を逸した危険行為や奇行・犯罪を起こす人は、重い精神疾患を患っている可能性もあるだろう。だが近年は、「危険ドラッグの影響下」というケースがあまりにも増えている。



 

 

■64歳の女性を性的暴行

米国・ニューヨークのマンハッタンで今月18日、公共自転車共有システムの「シティバイク」を利用していた男が自転車を降り、歩行中の女性にいきなり襲いかかった。

被害に遭った女性は64歳。自宅からすぐのイーストハーレム地区を歩いていたとき、後ろから近づいてきた男に首を絞められ、意識を失ったところで強姦された。男は血まみれの女性を放置したまま逃走したという。


関連記事:覆面パトカーを装い若い女性を次々と毒牙に… 有名強姦魔が刑務所で新型コロナ死

 

■今なお続く女性の治療

警察は付近の防犯カメラの映像やシティバイクの情報により、数日後にフランキー・ハリスという38歳の男の身柄を拘束。殺人未遂、強姦、傷害、性的虐待など複数の罪で起訴する予定だ。

メディアの取材に被害者女性の37歳の息子は、病院に救急搬送された母親が現在も人工的昏睡状態で治療を受けていることを説明。「母は誰からも愛される人物。凶悪犯のハリスには最大の刑罰を求めたい」と訴えている。

次ページ
■異様な興奮と攻撃性

この記事の画像(1枚)