クロちゃん、『9日目のおでん』使った昼食に衝撃 「汚水につけてる感じ…」

クロちゃんが、9日間煮込み続けたおでんと食パンを使った昼食を公開した。

エンタメ

2020/05/30 15:00

クロちゃん

お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんが30日、自身のツイッターを更新。1週間以上煮込み続けたおでんが話題になっている中、この日の昼食を紹介し、ネットをドン引きさせた。



 

■ひたすら煮込み続け…

今月22日からおでんを作り始め、牛すじ、卵、エリンギなど、新たな食材を追加してはさらに煮込むという流れを繰り返してきたクロちゃん。

煮込み始めてから8日目となった29日、鍋の中身を投稿すると、そこには汁がかなり濁り、漫画でよくある「闇鍋」のような光景が。それでも本人は「お店のおでんに近づいていってるしん!」と自信満々にコメントしていた。


関連記事:クロちゃんの『8日間煮込んだおでん』は腐っている可能性も? 調理師の指摘は…

 

■「おでんパン」を絶賛

そして9日目に突入したこの日。おでんと食パンを使った昼食メニューを公開した。

クロちゃんいわく、料理名は「おでんパン」。「おでんのお汁が濃厚になってるので、パンをつけて食べるしん。ヒタヒタにつけて食べると特に美味!」と食べ方を説明しながら絶賛した。

なかなか珍しい組み合わせに見えるが「パスタの残りのソースにパンをつけてる感じなのか、アヒージョにパンをつけてる感じなのか、どっちに近いんだろうしんかねー」と、イタリアン料理のように例えるなど、クロちゃん節を発揮していた。

次ページ
■ネット「すぐ捨てに行きます」