昼寝を愛する人は6割に迫る 「仕事の効率上がる」との意見も

休みの日には、昼寝する人も多いだろう。一方で昼寝する行為に対して、罪悪感を持つ人もいるようだ。

ライフ

2020/05/31 18:40


 

■休日には外出したい

休日を有意義に使いたい人は、昼寝を無駄だと考えるようだ。

「せっかくの休日ならば、僕は有意義に使いたいと思う性格。昼寝に時間を使ってしまうのは、とてももったいないと思う。その時間で、どこかに出かけたほうが絶対に楽しい」(30代・男性)


一方で疲れているために、休日は家にいるという人も。

「休日に出かけたい気持ちはあるのだけれど、平日の仕事ですっかりと疲れてしまっている。出かける元気もなく、昼寝などして疲れを取っているうちに休みが終わっている」(20代・男性)


関連記事:クリスティアーノ・ロナウド、驚きの健康体力増進法 常識を超えた睡眠と食事

 

■昼寝で仕事の効率もアップ

昼寝したほうが、仕事がはかどるとの意見もある。

「昼寝を入れたほうが、午後からの仕事がはかどる気がする。ただ会社ではさすがに無理なので、家で仕事するときには昼寝を取り入れるようにしている。


やはり、脳が疲れたまま仕事に取り組んでも効率が悪い。もっと昼寝の文化が、いろんな会社に広がればいいのに」(30代・男性)


昼寝を上手に活用すれば、仕事も効率よく進められるのだろう。

・合わせて読みたい→NMB48・吉田朱里、コラボに意欲? 「コスメもアパレルもやってる」とおねだり

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)