え、クイズをするだけ!? やりたい仕事を見つける方法教えます

やりたいことを仕事にしている人はどれくらいいる!? その割合も聞いてみました。

コラム

2020/05/31 18:00

究極をいえば「仕事ができているだけで幸せ」なんですが、もっと欲を言えばその仕事が「自分のやりたいこと」だったら素敵ですよね。では、どれくらいの人が自分のやりたいことを仕事にしているのか!? 早速調べてみました。



 

■やりたいことを仕事にしている人の割合

そこで、しらべぇ編集部が全国10代~60代の男女有職者785名を対象に調査してみました。その結果…

やりたいことを仕事に

思ったよりも多い!? 男女共に約3割は”自分のやりたいことを仕事にしている”ということが分かりました。では、やりたいことを仕事にしている人は、どのようにそのやりたい仕事を見つけたのか? 聞いてみました。


関連記事:広瀬すず、女優業についてから発症した驚きの職業病 「21歳で!?」

 

■どのようにやりたい仕事を見つけた!?

・小さい頃から憧れていた職業があって、何度も挫折しかけたがその職業に就けました。(30代・男性 公務員)


・趣味でやっていたキャンドル作り、そのまま先生としての資格を取ってやることになりました。(30代・女性 キャンドルアーティスト)


・親がやっていた仕事を継いだんですが、元々興味なかったのに気付いたらハマっていました。(40代・男性 職人)


・そこでバイトをしていたら、この業界のことをもっと知りたいと思い「これがやりたいことなんだ」と考えるようになりました。(20代・女性 アパレル)


と、だいたいは”流れ”的なものから、自分のやりたい仕事に就いている人がほとんどでした。ただ「やりたいことも、やりたい仕事も思いつかない!」という人のほうが多いハズ。最後はそういう人のために”やりたい仕事の探し方”をまとめてみました。


■やりたい仕事の探し方

・職業図鑑を見てみる:仕事の一覧がたくさん載っている本を見て調べてみるのが有効的。読みやすいのは『日本の給料&職業図鑑』(宝島社)という本。正直給料も大事ですよね。笑

・診断テストをしてみる:やりたい仕事よりも、向いている仕事をまずは教えてよ~と思うアナタには、診断テストがオススメ。ネットで職業が探せるサイトってたくさんありますよね!?

リクナビだったりバイトルだったり…そういうサイトを見ると「診断テスト」のようなものが載っています。

・どっちかクイズをする:わたしがめちゃくちゃオススメしたいのが「どっちかクイズ」。自分に2択を問うだけの簡単クイズなのですが、それを職業でやってみるのです。

例えば「美容師さんor歌手、どっち?」「歌手」「じゃあ歌手orプログラマー、どっち?」と、どんどん自分に投げかけ最終的に選んだものが”自分のやりたいこと”なんじゃないかな、と思うわけです。職業が思い浮かばないときは、前段に出た職業図鑑などを見るのがGOOD。


好きな仕事も、数字でできている。

・合わせて読みたい→楽だけしていたい… 「面倒なことはしたくない」7割の人の主張とは

(文/タレント・中村愛

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年12月13日~2019年12月18日
対象:全国10代~60代の男女785名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)