テレワークの勝手が分からず仕事に支障 20代以下の若者は3割超え

慣れないテレワークに悪戦苦闘し、仕事に支障が出た人が一定数いる。若い世代に多いが、その理由とは。

ビジネス

2020/05/31 11:00

新型コロナウイルスの影響で、急速に広まったのがテレワークである。中にはいまいち勝手がわからず、仕事に支障が出た人もいるだろう。


画像をもっと見る

 

■「支障が出た」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代のテレワーク経験がある男女323名を対象に、「在宅勤務について」の調査を実施した。

テレワークの勝手が分からず仕事に支障が出たグラフ

「テレワークの勝手が分からず仕事に支障が出た」と答えた人は、全体で22.3%だった。


関連記事:テレワーク女子のすっぴん率がヤバすぎる 「家では汚したくないモノが…」

 

■若い世代はパソコンに不慣れ

年代別では、10代から20代が高い割合になっている。

テレワークの勝手が分からず仕事に支障が出た年代別グラフ

スマホ世代には、パソコンを使うのに慣れていない人も多い。

「ネットを使うときはずっとスマホなので、家でパソコンを使うことがほとんどなかった。どうすればいいかわからなくなったときには、その都度、解決方法を検索していた」(20代・女性)

次ページ
■パソコンに詳しい世代

この記事の画像(4枚)