AV界の「ミトちゃん」・水卜さくら 撮影期間が100日空いて「初々しさが進化」?

FANZAアワードなど賞レース常連のAV女優・水卜さくらが初のネットサイン会を開催。

メンズ

2020/05/31 19:00

水卜さくら

「水卜」といえば、日本テレビの水卜麻美アナウンサーが有名だが、AV界にも人気女優がいる。2017年にデビューし、真っ白な肌とGカップの巨乳を武器に賞レースの常連となっている水卜さくらちゃんだ。

しらべぇ取材班は、5月30日に行われたネットサイン会の直前に本人を直撃した。


画像をもっと見る
 

 

■ひっそりやると思っていたが…

5月でデビュー3周年を迎えたさくらちゃん。2018年はDMMアダルトアワード優秀新人女優賞を受賞、2019年はFANZAアワードでメディア賞を受賞している。

「デビューしたときは、もっとひっそりやるものだと思っていた」というさくらちゃん。初めての撮影でもちゃんと自己紹介があったり、大物の男優さんと絡んだりして、「想像していたより倍は違った」と語る。

今でこそアワード常連の人気女優になったが、最初は活動についても「ひっそりしておきたい」と思っていたそう。今では以前よりは自信がついてきたそうだが、「もっと上にいけるかな…と思ったら努力しなきゃ」と前向きだ。


関連記事:人気AV女優あべみかこ・栄川乃亜のユニット『あべのあ』 初のネットサイン会が盛況

 

■ジムとヨガでボディメイク

水卜さくら

実際、デビュー以降はスポーツジムとヨガに通い、食べものにも気を使っているそう。食べることが大好きで、とくに好きなのがチョコミント。コンビニのチョコミント系スイーツは全部押さえているほどで、SNS投稿から見ると、こちらはなかなか減らせていないようだ。

新型コロナで外出自粛になってからも、ボディメイクのために家ヨガを続けているが、「最近はちょっとサボリ気味…」と笑う。

AVの撮影は3月から中止となり、再開についても「また新規感染者数が増えてきてるから1ヶ月は様子見して、いちおう7月から再開しようかな」と慎重だ。


■本当はファンと会いたいけど…

水卜さくら

コロナ禍以前は、店頭イベントを積極的に行っていたさくらちゃん。初めてのイベントは熊本で、「美味しいご飯が食べられるから地方に行くのは大好き。味噌カツとひつまぶし、田楽…とかいっぱい食べた名古屋が印象に残ってます」と嬉しそう。

やはりファンとは直接会いたいそうだが、現在はツイッターや動画配信で交流している。ツイッターは、なにげないツイートも投稿するようにして、時たまリプライすることも。

また、インスタグラムのファンクラブでは、限定写真の投稿や月1回の動画配信を行う。ファンクラブは、昨年8月から始めていたもの。少人数のため、ツイッターよりもリプを返しやすいという。

SNSでファンと交流しているさくらちゃんだが、オープンなネットサイン会は今回が初めてとなる。

次ページ
■初々しさが進化?

この記事の画像(5枚)