発泡ウレタンスプレーを口に吹き込み我が子を惨殺 ナルシストの父親に終身刑

思いやりに欠け、常に自己中心的で暴力的だった男。専門家の判断は「著しい攻撃性を持つ自己愛性人格障害(ナルシスト)」というものだった。

2020/06/01 11:30

スプレー
(Evgen_Prozhyrko/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

幼い子供たちを育てる結婚生活のなかで、卑劣な犯罪を繰り返してきた男。妻が愛想を尽かすのは当然のことだった。だが別れを突きつけられた男は逆上し、とてつもなく恐ろしい事件を起こした。



 

■我が子の首を締めて口に…

ドイツ・ザクセン州ドレスデンの裁判所で5月26日、幼い子供2人の殺害と元妻に対する殺人未遂の罪に問われていた、56歳のローレン・F という被告人に終身刑が下った。

妻子が去っていった2019年5月、「置いてきたおもちゃをどうしても取りに行きたい」と望んだ子供2人を自宅に迎えたローレンは、次々とその首を絞めた。さらに気を失ったところで危険な物質が詰まったスプレー缶を持ち出し、それぞれの口にノズルを注入したという。


関連記事:池田エライザ、ぱっつん前髪を伸ばさないワケ 「大変だよね…」

 

■みるみる膨らむ発砲ウレタン

事件で亡くなったのは、ローレンの実子である5歳のレオくんと2歳のマヤちゃん。使われたスプレー缶は、ローレンが建築現場で使用していた発泡ウレタンスプレーだった。これは断熱材となるほか、ちょっとした隙間の浸水を防ぐための充填剤としても使用されている。

ノズルの先から注入された発砲ウレタンは、みるみる膨らんで2人の気管や食道をふさぎ、頸部の血管や神経を圧迫。死因はそれによる窒息と断定された。

次ページ
■妻への激しい憎しみ
ドイツナルシスト暴力殺人事件殺害殺人未遂終身刑スプレー缶人格障害ウレタン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング