「子供が欲しい」 妊娠しない妻と相談し12歳の連れ子に出産させた男に実刑判決

どうしても自分の子が欲しい。その願いを叶えるために、男は妻の連れ子を襲い妊娠させた。

社会

2020/06/01 10:40

赤ちゃん・父親
(CreativaImages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分の願いを叶えるために、妻の連れ子を利用しその人生を台無しにした男がいる。下された判決は驚くほど甘いものだったが、身勝手な男は判決を不服として控訴を決意した。



 

 

■自分の子を望んだ男

ルーマニアで暮らすアウグスティン・コステル・ヴァルガ被告は、幼い娘がいる女性と結婚した。

それを機に「自分の血を分けた子も欲しい」と強く願ったが妻は妊娠に至らず、焦った被告は妻とも話し合いを重ね、ある方法を思いついた。それは妻の連れ子を妊娠させ子供を産ませるというもので、その目的を果たすために被告は2014年に妻の子を強姦するようになった。

まだ12歳だった少女は、ほどなくして妊娠。お腹はどんどん大きくなっていった。


関連記事:子守をした13歳少年との子を出産した美女 別の交際相手と結婚後に実刑判決

 

■病院関係者が通報

2015年に、少女はついに赤ちゃんを出産。あまりにも幼い少女の出産に驚いた病院関係者が当局に連絡し、事情を聴かれた少女はようやく「継父に子供を産まされました」と事実を明かしたという。

この件でヴァルガ被告は2年間の保護観察処分を言い渡されたが、服役を免れたことからすぐに少女と接触。少女が産んだ赤ちゃんも連れ、そのまま街から出て行った。

次ページ
■二度目の妊娠と出産

この記事の画像(1枚)