厚労省が勧める「コロナ禍での熱中症予防」 マスクを外していい状況は…

夏場のマスク着用問題。厚生労働省の出した答えは…。

話題

2020/06/01 06:30

マスクを着用した半袖女性
(TuiPhotoengineer/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

6月に突入し、汗がにじむような暑さの日も増えてきた最近。そんな中、厚生労働省が現在のコロナ禍における熱中症の予防行動のポイントを公開し、注目を集めている。



 

■引き続き感染対策はしっかり

30日、厚生労働省の公式ツイッターで「新しい生活様式における熱中症を予防するためのポイント」をまとめたページを紹介。

そこでは、以前より公表している「身体的距離の確保」「マスクの着用」「手洗いの徹底」「3密を避ける」等の感染対策を取り入れることを大前提としつつ、例年以上に熱中症に注意するよう訴えていた。


関連記事:『スッキリ』夏のマスク着用で気をつける3つのポイント 医師が注意喚起

 

■特に注目されていたのは…

そして、「新しい生活様式」における具体的な熱中症予防のポイントは以下の4つにまとめられている。

①マスクの着用について ②エアコンの使用について ③涼しい場所への移動について  ④日頃の健康管理について


「換気を行いつつエアコンを使用する」「体調に異変を感じたら速やかに涼しい場所へ移動する」「平熱を把握し健康管理を充実させる」など、熱中症の予防行動が述べられているが、特に多くの人が注目していたのは①のマスクの着用についてだ。

次ページ
■マスクを外していい場合は…