コロナの影響でスーパーから完全に消えたモノ 「目処も立たない…」

新型コロナウイルスの影響で、スーパーから本当になくなってしまったものは? インターネット上では悲しみの声も

話題

2020/06/01 07:15

コロナショックの商品棚
(audriusmerfeldas/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

“コロナ禍”においては、ウイルスの猛威もさることながら、あらゆる物が品薄になるという「買い溜め問題」に、不自由な思いを強いられた。

その多くは、デマ情報や人々の不安な気持ちから起こった一時的な買い占めが原因であるが、新型コロナウイルスの感染拡大が原因で、本当に「スーパーから消えてしまったモノ」は存在する。



 

■「試食販売」が完全に消える

新型コロナウイルスが原因で、本当にスーパーから消えてしまったモノ……それはズバリ「試食販売」だ。国内での感染拡大が始まって以降、感染症対策として全国のスーパーなどが軒並み試食販売を中止に。

実際に、5月28日から大型商業施設の全館営業を再開した『イオン』も、「お客様に安心してお買い物いただくために」と題した店舗での感染症対策の中で、「試食販売の中止」を明記している。

大きく報道されることはなかったものの、ひっそりと姿を消していたのだ。


関連記事:スターバックス、新型コロナ対策で… 「店員の対応」に驚きの声

 

■月2,000件あった仕事がゼロに

新型コロナウイルスによる試食販売への影響について、しらべぇ編集部では、人材派遣も行なっている大手食品メーカーのグループ企業に取材。

担当責任者によると、「試食販売の仕事はひと月に約2,000件ほどありましたが、コロナ騒動以降、全国でほぼ中止になりました」と話す。

次ページ
■再開の見通しも立たず…

この記事の画像(1枚)