『アサヒカメラ』休刊 一方で想定外の「歓喜の声」が殺到したワケ

1926年創刊、日本最古の総合カメラ誌『アサヒカメラ』(朝日新聞出版)が1日、次号にて休刊すると発表。ネット上で大きな反響が上がっている。

カメラ
(zozzzzo/iStock/Thinkstock)

1926年創刊、日本最古の総合カメラ誌『アサヒカメラ』(朝日新聞出版)が1日、次号にて休刊すると発表。ネット上で大きな反響が上がっている。



 

■コロナ禍で広告費が激減

毎号、写真機材や技術についてかなりしっかりめな記事が並び、読者層は50代以上の男性が大半を占めるなど、複数あるカメラ雑誌の中ではより“玄人向け”な一冊だった。2017年8月に発表されている日本雑誌協会のデータ(印刷証明付部数)によれば、発行部数は30,367部。

この日、朝日新聞出版が運営しているニュースサイト「AERA dot.」に突如掲載されたのは、その歴史に幕を閉じるという寂しい言葉だった。

「月刊誌『アサヒカメラ』(毎月20日発行)は2020年7月号(6月19日発売)をもって休刊します。コロナ禍による広告費の激減により、誠に残念ではありますが、これ以上維持していくことが困難となりました」と新型コロナウイルスの影響があったことに触れ、その無念さをにじませている。


関連記事:ダレノガレ明美、薬物疑惑のフェイクニュース謝罪に「正直納得できない」

 

■「SnowMan」向井の連載は継続

休刊後の展開については、増刊やムック本として刊行していくことに加え、「今後、カメラ・写真の情報は、朝日新聞出版のニュースサイト『AERA dot.』内で記事を配信」と説明。

4月号から開始され人気を集めていたジャニーズ事務所所属の「SnowMan」向井康二の連載「巨匠と撮る白熱レッスン」は週刊誌『AERA』に媒体を移して継続していくことも明かされた。

また、同誌が受賞作品などを発表していた写真コンテスト「木村伊兵衛写真賞」については「引き続き、朝日新聞社及び朝日新聞出版が共催して参ります」と触れられており、影響がないもようだ。

次ページ
■『月刊カメラマン』も休刊

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

雑誌カメラ休刊SnowMan向井康二アサヒカメラAERA
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング