バトンリレー投稿人気も… SNS疲れ体験者が語る「止める」勧め

コロナ禍でネットワークを通した人との接し方について重要性が問われている中、SNSに「疲れ」を感じる人も多い。

2020/06/03 12:00

テレワーク
(Jae Young Ju/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス感染症の広がりの影響で自宅勤務が推奨され、人との接し方に変化が現れている中、SNS上では「○○バトン」や「○○つなぎ」のような、次の人を指名してリレー形式で投稿する仕組みが盛り上がっている。

一方で、それらの投稿に同調圧力を感じ、以前よりも一層の「SNS疲れ」を感じてしまう人も少なくないよう。


画像をもっと見る

 

■SNSの利用に疲れた経験を持つ人は…

しらべぇ編集部では昨年10月に全国10~60代のSNSユーザー860名を対象に、実際にSNSで利用に疲れてしまったことがあるか調査を実施している。

結果、「SNSの利用に疲れたと思ったことがある」と答えた人は46.2%だった。


関連記事:藤田ニコル、アンチ投稿にも屈せず 「覚悟決めて投稿したから全然大丈夫」

 

■女性が疲れる傾向

「SNSの利用に疲れた」と答えたを年代別に見ると傾向が出た。

若い女性の割合が高く10代は64.0%、20代も58.6%が「SNSに疲れた」と回答している。一方男性は、全般的にSNS疲れを感じている人が女性より少なくなっている。

次ページ
■疲れた経験を持つ人は…

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

TwitterFacebookSNS調査疲れ利用情報収集バトン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング