EXIT・兼近がサンドウィッチマンを尊敬した理由に猛ツッコミ 「今さら?」

『突破ファイル』でEXIT・兼近大樹がサンドウィッチマンへの尊敬を口にしたが…

サンドウィッチマン

4日放送『突破ファイル』(日本テレビ系)でEXIT ・兼近大樹がサンドウィッチマンへの尊敬を口にしたが、「その理由」に驚きの声が殺到している。



 

◼苦学生だった兼近

母子家庭で生活に困窮する幼少期を過ごしてきた兼近。高校を中退し定時制に通いながら、妹の学費のために働いて家計を支えてきた。

青春時代、学業と仕事で多忙だったためか、芸人でありながら兼近の「過去のお笑い」の知識は薄い。大物芸人や流行した笑いなどに疎く、最近になって「過去の『M-1グランプリ』を見ていなかったから2001年から見直している」とも明かしている。


関連記事:バナナマン設楽、大親友・バカリズムへ結婚祝い贈る 衝撃のプレゼントに視聴者爆笑

 

◼やっと2007年に到達

そういった事情が背景にあるなかで、「昨日ぐらいですかね」とおもむろにトークを展開し始めた兼近。「2007年ぐらいの『M-1』を観て、サンドウィッチマンさんのすごさに感動しました」と感想を伝える。

これにサンドウィッチマンの2人は「今さら?」「遅いな」と猛ツッコミ。兼近は笑いながら「この人達は本当にすごい人達ですわ」と尊敬を示す。

やりとりを見守っていた、MCのウッチャンナンチャン・内村光良は「あと『笑う犬』も観といて」と負けず嫌いを発揮して、自身の出演していたコント番組を兼近に推した。

次ページ
◼視聴者も反応
お笑い尊敬サンドウィッチマン内村光良M-1グランプリEXIT兼近大樹突破ファイル苦学生
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング