餃子の超人気店が「一人1パック無料配布」を決定 「苦しい中でも餃子で笑顔になってほしい」

コロナ禍で苦しむ家庭に一時でも笑顔になってもらえれば。人気餃子店が大盤振る舞いする意図とは…

話題

2020/06/06 10:40

餃子の雪松店舗
(写真提供:餃子の雪松)

コロナ禍で、特に苦しむ飲食業界。そんな中、日頃から行列が絶えない超人気店が、赤字覚悟の大盤振る舞いを決めた。しらべぇ取材班は、その店の想いに迫った。


画像をもっと見る

 

■創業80年の味を伝承中

群馬県水上の温泉街で80年間、三代続く中華食堂「雪松」。知る人ぞ知る餃子の名店で、野菜系の餡(あん)はジューシーで力強く、一度食べたらやみつきになると評判。

芸能人、スポーツ選手、有名料理人にもファンが多い。この雪松秘伝のレシピを継承したのが餃子専門店「餃子の雪松」だ。

餃子の雪松店内
(写真提供:餃子の雪松)

「餃子の雪松」は、2018年9月に埼玉県入間市に一号店を出店。持ち帰りの餃子36個入り1,000円(税込)が好評で、オープン時から行列が絶えず、現在は30店舗を運営中。


関連記事:外出自粛中でも本格中華が楽しめる 『セブン』新商品のレベルが高すぎた

 

■苦難の中餃子で楽しいひとときを

新型コロナウイルス感染拡大にともなう、緊急事態宣言。また、外出自粛要請など不安定な日々が続く中、日頃の感謝の気持ちと、雪松の餃子を食べて、楽しいひとときを過ごしてほしいという想いが店にはある。

そこで、雪松の餃子を店頭にて、ひとりにつき1パック(12個入り)を無料で配布することを決めた。

次ページ
■商人魂を実践することで家庭に笑顔を

この記事の画像(4枚)