9歳男児が大型犬2頭に噛まれて死亡 放し飼いした20代飼い主の男が逮捕

人を襲う可能性がある危険な犬をなぜ2頭も…。放し飼いにしたのも1度や2度ではないようだ。

社会

2020/06/07 15:20

大型犬と子供
(cynoclub/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

町の治安に問題がある場合などに、大きな番犬を飼うことがあるアメリカ。飼い主には従順でも、他人には吠えて攻撃的な犬が選ばれることも多いという。しかし、徹底した安全管理をしてこその話だ。



 

■少年は郵便物を取りに…

米国・アーカンソー州フォークナー郡のマウント・バーノンという町で5月28日朝、庭先のポストに郵便物を取りに出たロビー・テイラーくんという9歳の少年が、そのまま姿を消してしまった。

家族は警察に相談するとともに、全員でロビーくんの行方を捜索。その結果、ロビーくんは雑草が生い茂る近くの野原で、むごたらしい遺体となって発見された。第一発見者は姉だった。


関連記事:闘犬だったフレンチブルドッグが暴走 愛情を注いだ飼い主を噛み殺す

 

■全身ぼろぼろの遺体

ロビーくんの遺体は全身がぼろぼろで、状況から動物による咬傷が強く疑われた。母親は警察に「どこからか脱走してきたような黒い大型犬2頭を、野原で以前に見かけたことがある」と話し、警察は該当しそうな犬を飼育している家庭について調査を開始。

そして、黒い大型犬2頭を飼っていたトレイ・ワイアットという25歳の男ともう1名の身柄を拘束するに至り、厳しい取り調べを行った。

次ページ
■犬は動物保護施設へ

この記事の画像(1枚)