やらせがバレたジャーナリスト志望の女子学生 「呆れた偽善者」とネット炎上

「世の中のため、人々のため、いつも最善を尽くします」とでも宣言し、彼女は有名紙のインターンの座を獲得したのだろう。しかし嘘をつくのはいけないことだ。

社会

2020/06/07 17:00

SNS撮影
(champja/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ハイレベルな就職希望先に自身を売り込みたい場合、何をするべきだろうか。インターンシップのライバルたちを蹴落とし、自分が目立つためには…!? ある女性が考え付いたのは、「善人に見える演出」だったようだ。



 

■サンタモニカのショップで…

米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校に通っている、フィオナ・モリアーティ=マクラフリンさんという女子学生。彼女は今、「売名目的でイイ人を演じてきた、とんだ偽善者」としてインターネットで吊るし上げにあっている。

ある日、男性が運転するベンツに乗り、サンタモニカの店を訪れたフィオナさん。その口には白いマスク、手には電動ドリルが握りしめられていた。

店は休業中で簡単な補修工事を必要としており、フィオナさんの格好は補修を手伝うボランティアのようだった。ところがそれはポーズに過ぎず、男性に自分の姿を撮影させると、すぐに車に戻りどこかへ消えていったという。


関連記事:松本人志、コロナ拡大への寄付に「決め付けないで」 賞賛の声相次ぐ

 

■有名紙記者の目撃で運が尽きる

しかし、フィオナさんと男性の一連の行動を、ニューヨーク・タイムズ紙のテイラー・ロレンス記者が目撃していた。そして車のナンバーを元に彼女の素性とSNSのアカウントを追跡し、見事突き止めたのだ。

彼女のSNSで紹介されていた「頑張ってお手伝いしています」風の写真は売名が目的の演出であったことに、「呆れた偽善者だ」といったコメントでインターネットが炎上している。

次ページ
■動画は2,500万回以上も再生

この記事の画像(1枚)