石野卓球、SONYにガチギレしたワケ 「困らせたいだけだろ」「北朝鮮!」

石野卓球が6日、ツイッターを投稿。旧譜の権利問題が未だ解決しないことについて、「おいSONYよ。さっさと俺や前科者と作った曲を解放しろよ」と抗議の声を上げている。

石野卓球

テクノユニット「電気グルーヴ」の石野卓球が6日、ツイッターを投稿。旧譜の権利問題が未だ解決しないことについて、「おいSONYよ。さっさと俺や前科者と作った曲を解放しろよ」と抗議の声を上げ、ネット上で大きな反響を呼んでいる。



 

■瀧逮捕からこれまで

View this post on Instagram

DENKI GROOVE #電気グルーヴ #denkigroove

A post shared by DENKI GROOVE (@denkigroove_official) on

2019年3月、メンバーのピエール瀧が麻薬取締法違反で逮捕されたことを受け、所属事務所ソニー・ミュージックアーティスツは瀧との契約を解除。6月には石野の契約も終了し、11月、2人は新マネジメント会社「macht inc.」に移籍していた。

ただそれまでリリースされたきた楽曲は、レーベルがソニー系列の「キューンミュージック」だったため、原盤権はソニーグループに残ったままという複雑な状態に。


関連記事:大沢伸一の新ユニットRHYME SO 新曲MVに世界的ドラァグ・クイーンが出演

 

■権利問題が顕在化?

同年4月16日のツイートで石野は「僕がレーベルを離れると今後電気グルーヴの音源を再リリースする場合に僕は一切タッチ出来なくなってしまいます」という問題点を明かしていた。

現在、キューンミュージック公式HPには電気グルーヴの名前が掲載されていない上、2020年2月14日に発売となったインタビュー集『電気グルーヴのサウンド&レコーディング PRODUCTION INTERVIEWS 1992-2019』(リットーミュージック)では、前述の権利問題が顕在化したのか、旧譜アルバム写真が掲載されないという事態になっていた。

次ページ
■「困らせたいだけだろ?」