不登校YouTuberゆたぼん君、最高時給「30万円」 アンチに猛烈な煽り

不登校ユーチューバーのゆたぼん君が最高時給「30万円」を告白。月収は100万円を超えることもあったとか。

エンタメ

2020/06/08 22:00


 

■アンチに猛烈反論

その後、ゆたぼん君はアンチ煽りを開始。「羨ましくて嫉妬して必死で低評価押したりしてるんやろなあ」などと語りつつ、匿名でアンチコメントをすることの不毛さを訴えていく。

また、ゆたぼん君は彼らがしきりに寄せる「学校へ行け」「苦労しろ」「将来絶対困る」などという言葉に対しても、「匿名でしょーもないアンチコメントを書いてる時点で人生失敗してるやん」と皮肉。

「自分が嫌なことを我慢して生きてきたからって人の人生に嫉妬して、必死で自分の生き方は間違ってないって思いたいだけ」と、アンチが自身を正当化したいがために誹謗中傷してきているだけだと指摘した。


関連記事:不登校YouTuber、急増するコロナ差別を非難 「学校で何を学んできたん?」

 

■「普通にすごい」と称賛の声

10分以上にわたって、アンチに対して猛烈な反論を続けたゆたぼん君。

過激な口調だったものの、登録者数11万人のチャンネルを運営し、30万円の企業案件も受注する実績に、コメント欄では「本当に凄いわ。自分高校生やけど、小学生でこんなんできなかった」「時給とか関係なく小学生で30万もお金生むのは普通にすごい」など称賛の声も多く寄せられている。

一方、「お金は凄いかもしんないけど、それだけが大切じゃないよ! 頑張ってな!」「お金に染まらないでほしい」など、エールを送りつつもお金だけで判断するようになってほしくないという人たちも。

アンチではない、真の意味でのファンを獲得し始めているのかもしれない。

・合わせて読みたい→不登校YouTuberゆたぼん、コロナ影響で世界一周旅断念 「仕方がない」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

この記事の画像(1枚)