新型コロナ重症化の男性患者8割に「薄毛」傾向か 米大学教授が発表

論文を発表した大学教授は、新型コロナウイルスが重症化した患者に「まだ若いのに薄毛」という男性が多いことに気付いたという。

社会

2020/06/09 11:30

薄毛
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

同じ年齢の仲間と比較し、頭髪が薄いことに悩みを抱えている男性たちがいる。いわゆる「若ハゲ」の傾向は、新型コロナウイルス感染症の重症化にも関係してくるのだろうか。ちょっと心配なデータが発表された。



 

■重症化した男性患者の約8割

米国・ロードアイランド州在住の皮膚科の権威であり、ブラウン大学の医学部で教鞭を取るカルロス・ワンビア(Carlos Wambier)博士。

彼がこのほど新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の男性患者に関し、興味深い論文を『アメリカ皮膚科学会雑誌 (Journal of the American Academy of Dermatology)』に発表して話題になっている。

博士はスペイン・マドリードの2ヶ所の病院で新型コロナウイルスの治療を受けている患者に関し、同年齢に比較すると明らかに髪が薄い男性患者が多いことに注目。

詳しく調査したところ、ある病院では41人の男性患者の71%が、別の病院でも122人の男性患者の79%が薄毛に悩んでいる(いた)ことが判明したという。


関連記事:「A型は新型コロナが重症化」って本当? 中国の論文に「サンプル少ない」と指摘も

 

■若年期からの男性型脱毛症

英紙『デイリー・テレグラフ』の取材に応じたワンビア博士は、高齢で始まる老人性脱毛症ではなく、「若ハゲ」とも呼ばれる男性型脱毛症がみられる男性が新型コロナウイルスに感染した場合、重症化しやすい傾向にあると指摘する。

思春期以後、男性の体内ではアンドロゲンとも呼ばれる男性ホルモンがどんどん分泌されるようになるが、量には個人差が。大量の分泌が続けば体毛の量が増える一方、頭髪の脱毛や薄毛を促すという現象が起きてくる。

次ページ
■男性ホルモン優位の恐怖

この記事の画像(1枚)