実験的音楽フェス「LIVE HUMAN 2020」 2日間で約20時間規模で開催

新オンライン音楽フェス「LIVE HUMAN 2020」が、6月20日(土)、21日(日)の2日間開催されることが発表された。

エンタメ

2020/06/09 12:40

(©︎avex)

新オンライン音楽フェス「LIVE HUMAN 2020」が、6月20日(土)、21日(日)の2日間、計約20時間に迫る規模で開催されることが発表された。



 

■実験的音楽フェスティバル

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、音楽ライブ・フェスの中止が相次ぐなど、大きな変化を迎える音楽業界。

「LIVE HUMAN 2020」はそうした状況の中で、高音質高画質の音楽フェスを生体験できるだけでなく、音楽をきっかけにアーティストとオーディエンスがオンラインで繋がることで生まれるエンタテインメントの「進化」の進行形をさらけ出し、新しい「イマ」を作るための実験的音楽フェスティバルである。


関連記事:『フジロック』がトレンド入り ユーザーからは嘆きでなく「怒り」の声多数

 

■ライブ会場にいるような一体感

初開催となる今回は「“イマ”をさらけ出す」 がテーマ。全国各地、ライヴハウスや音楽スタジオ含めた複数のライヴ会場から届けられる迫真のライヴパフォーマンスをはじめ、さらに、アーティストの「イマ」=「新曲」を披露するチャレンジングな内容などの「実験」が準備される予定だ。

本ライブは、エンターテインメント産業における収益化のデジタルシフト支援を専門に行う株式会社OENの協力の元、「ABEMA」の 「PayPerView」機能にて大規模オンライン音楽フェス第一弾として独占、かつ世界同時生配信。高画質オンラインライブ配信によって、実際のライブ会場にいるかのような一体感に没入できる。

次ページ
■第一弾出演発表アーティスト

この記事の画像(2枚)