徳江かな、全裸で体育座りを披露 「見えてないか大変だった」

グラドルの徳江かなが、セカンド写真集の発売記念会見を開いた。

徳江かな

グラドル・徳江かなのセカンド写真集『かなでうた』(双葉社)が、4月17日に発売された。それを記念した会見が9日に開かれ、撮影時の思い出などについて振り返った。


画像をもっと見る
 

 

■たまたま着ていた私物が…

徳江かな

「大人っぽくセクシーにかわいい」をテーマに、2月にグアムで撮影した今回の写真集。グアムには過去、家族旅行で訪れたことがあったといい、「久しぶりのグアムでワクワクした」と振り返る。

写真集にも載っている黄色い衣装は、たまたま着ていた私物らしく「スタイリストさんが『これかわいくない? これで撮ってもいい?』と言ってくれて、私物を使えて嬉しかった」とのこと。


関連記事:渡辺麻友引退でまたも不謹慎YouTuberが大増殖 「もはや大喜利」「すごいな」

 

■まゆゆをリスペクトした一枚も

徳江かな

お気に入りのカットは、全裸で体育座りをしているショット。

アイドルグループ「AKB48」の渡辺麻友が全裸に見える姿で、体育座りをした写真で表紙を飾った写真集『まゆゆ』を意識したといい、「撮影場所が坂で、胸が見えてないか、なおかつ身体を支えないといけなかったので大変だった。ファースト写真集でもこういうのはなくて、初挑戦ながらすごいセクシーだと思う」と自画自賛。

徳江自身、「中学生の頃からまゆゆが好き。(まゆゆを意識したポージングに)周囲からも『まゆゆリスペクトだね』と言われた」というが、つい先日、渡辺が芸能界の引退を発表したことに「悲しい」と率直な気持ちを打ち明けた。


■次回作への意気込み

外出自粛中は、「家での朗読劇を配信する仕事をもらったりして、充実していた」と、ストレスなく過ごせた様子。

今回の写真集の出来はずばり100点。「いい感じに仕上がってて満足。3冊目もあったらいいな」と述べ、「例えば、『ロリ』みたいに、ちゃんとしたコンセプトを入れた感じにしたい」と、次回作に向けて意気込みを見せていた。

・合わせて読みたい→引退を発表した「まゆゆ」も 4人に1人は好きな芸能人をニックネーム呼び

(取材・文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部/撮影HIRO)

この記事の画像(6枚)