アンジャ渡部不倫で多目的トイレがトレンド入り 「生々しい」「笑えない」と軽蔑の声

複数女性との関係が明かされた渡部建。その影響で「多目的トイレ」が注目を集めている。

エンタメ

2020/06/11 05:00

アンジャッシュ・渡部建

複数の女性との不倫関係が報じられ、民放各局に出演自粛を申し出たお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建。これまで漠然としていたスキャンダルの内容だったが、10日夜、突如「多目的トイレ」というキーワードがツイッターのトレンド上位にランクインした。



 

 

■いつも多目的トイレで…

これは、不倫相手の女性が渡部と会う際、時間と場所が限られていたので、六本木ヒルズの「地下駐車場に隣接した多目的トイレ」に向かうように指示されていたという報道が注目を集めたため。

車椅子の方や人工肛門のためにオストメイトが必要な人、小さな子供を連れた親など、社会的弱者のためにも使いやすく設計されている多目的トイレで、有名芸能人が事もあろうに性行為にふけっていたというのだ。


関連記事:アンジャッシュ渡部、活動自粛を発表 「妻にも説明し、謝罪しました」

 

■AVやエロ漫画ではあるが

アダルトビデオや成人向け漫画などでは、多目的トイレで性行為を行うシーンが描かれることはたしかにある(実写の場合は撮影用セットを使うこともあるだろう)。

しかし、現実に行われたというこの行為の非常識ぶりには、多くの人が強い嫌悪感と軽蔑の念を抱いたようだ。なお、これらの情報について、渡部は「ご指摘の女性と関係をもってしまったことは私の不徳の致すところ」と認めており、信憑性が高い情報であることが伺える。

次ページ
■「さすがに笑えない」