乙武洋匡氏、多目的トイレに「男女で入る場合」に理解求める

多目的トイレに注目が集まっていることを受けて、YouTubeに動画を投稿した乙武洋匡氏。異性の介助者への理解を求めた

社会

2020/06/12 05:00


 

■「異性の介助者」に理解を

そして、乙武氏は今回の「多目的トイレ不倫」が大々的に報道されたことで、「困っている当事者は多いと思う」と語るのが、排泄にも介助を必要としている人の場合、必ずしも介助者が同性であるとは限らないという問題だ。

乙武氏は「男女の組み合わせで多目的トイレを利用する人」を穿った目で見ることは控えてほしいと呼びかけた。


関連記事:アレク、多目的トイレ不倫を報じた『文春』に驚愕 「内容が…」

 

■多目的トイレは「独立した場所に作って」

また、多目的トイレが「男性用・女性用それぞれ分かれて設置されている」タイプの施設も少なくなく、「できれば独立した場所に作っていただくことが望ましい」とし、「多目的トイレに限らず、当事者の声があまり反映されていない中で設計が進んでしまう…ということがある」と指摘。

「きちんと当事者の声に耳を傾けていただければ、こういうミスマッチは起こらないはず」と訴えた。

・合わせて読みたい→アンジャ渡部、多目的トイレ不倫で袴田吉彦に意外な再評価 「アパが高待遇に思える」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(1枚)