『ユニクロ』のセルフレジで絶対注意すべき箇所 店員のひと言が納得だった

多くのユーザーからの注目を集める『ユニクロ』のセルフレジ。しかし、注意すべきポイントもあるようで…。

話題

2020/06/12 05:45


 

■「本体」のサイズをしっかりと

ユニクロ

購入時は商品の「サイズ」をしっかりと確認しておきたい。「何を当たり前のことを…」と思う人もいるかと思うが、重要なのはハンガーでなく「商品本体に記載されたサイズ」を確認すること。

ユニクロ

ユニクロのセルフレジを使用した経験がある人ならばピンと来るかもしれないが、こちらのセルフレジは「商品名」や「金額」をスキャンしてくれる代わりに「サイズ」までは読み取れない。

そのため「Mサイズの商品を試着した客が、誤ってLサイズのハンガーに服をかけてしまった」などの事情でハンガーに表記されたサイズと商品の実際のサイズが異なっている場合、ユーザーが自分で目視確認するしか対策を練ることができないのだ。


関連記事:セルフレジと相性最悪の商品 『ファミマ』店員秘伝の奥義で瞬殺だった

 

■店員に聞いてみると…

店側はハンガーと商品のサイズに誤りがないようしっかり配慮しているようだが、店員に話を聞いてみると、「止むを得ない事情でサイズが入れ変わってしまっている」事態は起こり得るとのこと。

またセルフレジから出てくるレシートにも、商品のサイズは明記されていないようだ。稀に「S」や「L」といった表記が見られるケースもあるが、こちらは「袖の長さの表記」などのため、商品サイズとは無関係だという。

セルフレジの便利さゆえについ疎かになってしまいがちなサイズ確認だが、楽しい買い物をスマートに済ませるためにも、自分の目で一度確認しておこう。

・合わせて読みたい→『ユニクロ』ルール変更に相次ぐ悲鳴 「時間差」で波紋広がったワケは…

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(3枚)