ケンタッキー、50周年記念の“チキンフィレサンド” 中身がスゴすぎる…

今年で創業50周年のケンタッキー。感謝の思いが込められた「デラックスチキンフィレサンド」は、具材が夢のような豪華さ

グルメ

2020/06/12 19:20

ケンタッキーフライドチキン(以下、KFC)は、今年で創業50周年となることを記念し、感謝の気持を込めて6月17日(水)より、「デラックスチキンフィレサンド」を販売する。



 

■ボリューム満点のこだわりサンド

デラックスチキンフィレサンド
(KFCプレスリリースより)

デラックスチキンフィレサンドは、お店で 1ピースずつ手づくりで調理をする、カーネル・サンダース秘伝の11種類のハーブ&スパイスで味付けした、ジューシーな国内産チキンフィレを使用。

その他に、サクサクのハッシュポテト、スライスした濃厚なチェダーチーズ、スパイシーなコブソース、新鮮なレタスがライ麦パンに挟まっている。「チキンフィレ+ハッシュポテト+チーズ」とは、何とも夢のようなコラボレーションだ。


関連記事:『ケンタッキー』公開したバーチャル背景画像に衝撃 「どんなシチュエーション」

 

■50周年ロゴが入った限定パッケージ

デラックスチキンフィレサンド
(KFCプレスリリースより)

このデラックスチキンフィレサンドは、数量限定で特別パッケージで提供。単品は500円、ポテト(S)とドリンク(M)が付いたセットは800円、骨なしケンタッキーやミニアップルパイも付いたボックスは1,000円となっている。


■「ライ麦パン」には大きな理由が

また、このデラックスチキンフィレサンドに「ライ麦パン」が使用されているのには、大きな理由があるという。

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社によると、「カーネルが7歳のときにひとりでライ麦パンを手づくりし、母親に喜んでもらった体験から、『本当においしいものは人をしあわせにできる』ということを学んだというエピソード」があり、KFCの原点とも言えるこのエピソードになぞらえて、ライ麦パンを使用しているとのこと。

こうした背景を知ったうえで食べると、よりいっそうおいしく味わうことができそうだ。

・合わせて読みたい→ケンタッキー、5月28日の『とりの日パック』販売休止 その理由は…

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(2枚)