3人に1人が「自分の仕事に印鑑必要」 疑問持ちながら押している人も

会社では、印鑑が頻繁に使用されている。コロナ禍であろうと、はんこを押すために出勤した人もいるほどだ。

ビジネス

2020/06/13 20:50

新型コロナウイルスの影響で、仕事がリモートワークになった会社も多い。そのような中で、印鑑を押すためだけに会社に出社する人が話題になった。


画像をもっと見る

 

■「必要だと思う」4割近く

しらべぇ編集部では全国10〜60代の有職者の男女827名を対象に、「印鑑について」の調査を実施した。

自分の仕事に印鑑は必要だと思うグラフ

「自分の仕事に印鑑は必要だと思う」と答えた人は、全体で36.0%だった。


関連記事:ダレノガレ明美、新型コロナ恐れて「配達員を差別する人」に苦言

 

■印鑑を使わない日がない

性年代別では、10代から20代の女性が一番高い割合になっている。

自分の仕事に印鑑は必要だと思う性年代別グラフ

印鑑を、毎日のように使っている人も多いだろう。

「出勤してから退社するまで、印鑑をまったく使わない日はないと思う。自分で押すこともあれば、上司に押してもらうようにお願いすることも頻繁にある。


印鑑の文化をなくそうとする動きがあるのは知っているけれど、うちの会社は古い体質を改善する気はなさそう。これからもずっと、印鑑と付き合い続けると思う」(20代・女性)

次ページ
■出勤簿に印鑑

この記事の画像(3枚)