直腸から生魚丸1匹を摘出された男性 「座ったら入ってきた」と主張するが…

この広い世の中、常識では考えられない「事故」が今日もまた起きている。

社会

2020/06/13 15:40

尻
Man suffering from hemorrhoids, anal pain on gray background, painful area highlighted in red

さまざまな激しい症状を抱え、緊急治療を必要とする人々に対応する病院の救急外来では、異物の摘出手術の件数も少なくないという。担当医師たちは、一体なぜ…と絶句してしまうようなモノを目にすることもあるようだ。



 

■激しい下腹部痛を訴える

中国・広東省の肇慶(ちょうけい)市にある「肇慶市第一人民医院」。この病院の医師が今月2日、激しい下腹痛を訴えて来院した30歳の男性患者の直腸から、とんでもないモノを摘出する様子をオンラインで公開した。

映像を見た人々は男性の愚行に「あり得ない」と呆れ、当人が放った苦しい言い訳は苦笑を誘っている。


関連記事:長男出産から26日後に双子も出産 バングラデシュの女性がいきなり3児の母に

 

■「座ったら入ってきた」

男性患者の下腹部について画像診断を行った医師は、直腸に大きめの魚が一匹まるごと存在することに気付いた。「なぜこんなモノが直腸に」と侵入の状況を尋ねた医師に、男性は「誤って魚の上に座ってしまったら、中に入ってきた」などと返答した。

医師は呆れ、その言い訳を無視。男性の愚かさを世界中の人々に見てもらおうと、摘出手術の様子をオンラインで公開することを思いついたという。

次ページ
■鋭い背びれが腸壁を…

この記事の画像(1枚)