誘拐被害者を乗せ警察署へ急いだタクシー運転手 コロナ禍での善意が話題に

「我が子が困っている姿を想像し、助けずにはいられませんでした」と語ったタクシー運転手。その善意に注目が集まっている。

社会

2020/06/13 13:30

タクシー運転手
(laymul/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、タクシーの利用する人が激減。収入もずいぶん減ったため必死に利用客を探していた運転手が、誘拐犯から逃れさまよっている女性を見つけて救助した。



 

■突然起きた誘拐事件

529日、インドネシア・ジャンビ州で暮らす20歳の女性が、お金を引き出すためATMに向かったところで誘拐・拉致された。女性は車のトランクに閉じ込められてしまったが、スマートフォンを使って父親に「助けて」とメッセージを送信。

驚いた父親は「すぐに逃げなさい」と指示したが、「トランクから出られない」「今自分がどこにいるのか分からない」という返事しかなく、捜索するにも手がかりさえない状態だった。


関連記事:今、タクシーに乗る際に気を付けるべきこと 「助手席の利用は控えて…」

 

■女性を発見した運転手

誘拐から数日後、女性は「死んだふりをしよう」と画策し、その演技に騙された犯行グループは女性を道路脇に捨て、その場から逃走した。

ちょうどこのとき、利用客を探して近くを走っていたタクシー運転手が女性を発見。ひどく取り乱し動揺した様子の女性を見た運転手は、「ただごとではない」と察知して車を停めた。

次ページ
■タクシー運転手の善意

この記事の画像(1枚)