マツコ、抱え続けてきたイライラを激白 「20年間変わらないってどういうこと?」

『マツコ&有吉 かりそめ天国』でマツコ・デラックスと有吉弘行が「イライラする」ことを熱弁して…

エンタメ

2020/06/13 12:00

マツコ・デラックス

12日放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)でマツコ・デラックス有吉弘行が、日常生活でのイライラを熱弁。マツコが20年間納得できず、腹を立てている出来事を力説した。



 

◼便利グッズの話題から…

「もっと早く買えばよかった」便利グッズについてトークが展開されるなか、逆に、お菓子缶などに封をする矢印付きのテープやDVDのビニールカバーが「剥がれなくてイライラする」と2人は怒りを滲ませていく。

さらに「『どっちからでも開きます』ってどっちも開かないだろ!」「ダンボール、たまに剥がしやすいタイプもあるけど、(開けられなくて)指から血が出るときもある」と日常生活に潜むイライラへの不満が止まらない。


関連記事:マツコ、異常な食生活バレ赤面 「千切りキャベツをご飯に乗せて」「月見を潰すのは…」

 

◼日常生活のイライラ

日常生活で長年イライラしていることを出し合い、マツコは「あっという間に解決して便利になるものもあるけど、テコでも動かないものがある」と、いつまでたっても不便でイライラするものが解消されないと嘆く。

有吉は「使用後に拭きとればいいんだけど」と前置きした上で、「瓶のジャムの蓋が開かない、硬すぎる」点に不満を爆発。マツコも「叩けばいいって聞いて変形するほど叩く」と同調する。

さらに大好物のハチミツに関して「ハチミツは(食材に垂らすと瓶の外側にも)垂れるじゃん。垂れないようにできない?」とメーカーに嘆願。購入し始めて20年は経つため、「20年間変わらないってどういうことなの」と進化を求めた。

次ページ
◼視聴者は共感