川に身を投げた飼い主を待ち続けた犬 橋から離れようとしない姿に人々が涙

飼い主は、故意に犬より先に逝ってはいけない。犬を飼う上でそれも責任の1つかもしれない。

社会

2020/06/14 09:40

橋で待つ犬
(ItzAP/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

すでに亡くなっていることも知らず、大好きな飼い主の帰宅を渋谷駅で待ち続けた「忠犬ハチ公」の話には、多くの人が涙したことだろう。犬は、飼い主との愛し、愛される温かい関係を大切に感じる生き物だといわれる。

だからこそ人間は、彼らをできるだけ悲しい目に遭わせないようにするべきだ。



 

■何日間もその場を動かず

中国・湖北省の武漢市にある、全長1,670メートルという巨大な武漢長江大橋。大変美しい建造物としても評判で、全景を捉えられる場所は人気の撮影スポットになっている。

その大橋に、1匹の茶色い犬が何日間にもわたり佇んでおり、決してその場を離れようとしなかったという。


関連記事:捨て犬に添えられたメモに涙 独身で新型コロナが重症化したときペットは…

 

■警戒心も強く

武漢長江大橋は鉄道と自動車が通っており、犬に気づいた人たちは「こんな危険な場所に犬を置き去りにするなんて、飼い主はいったい何をしている」と、苛立ちや不安を募らせた。

ある人はその様子を撮影し、写真と情報をSNSに投稿。保護して自宅で飼ってあげたいと思い犬に近づいたところ、警戒心からか逃げようとすると説明していた。

次ページ
■必ずや親切な里親を

この記事の画像(1枚)