屋根から落下した作業員 金属棒が尻から腸に突き刺さる大惨事に

傷んだ屋根を直そうとした建築作業員が、転落事故でとんでもないケガを負った。

社会

2020/06/14 19:20

屋根修理
(kzenon/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

まじめに仕事に取り組んでいた作業員が、屋根から落下。同僚らが腰を抜かすような大ケガを負って倒れ込み、救急搬送された。



 

■アクシデント発生

67日のこと、タイ・バンコクにある建物の屋根が破損したという連絡を受けた19歳の建築作業員が、修理作業を行うため同僚らと現場に向かい屋根に上がった。

この日は大荒れの空模様だったというが、男性は強風が吹き荒れる中でも作業を開始。「うっかり古い瓦の上を移動してしまった」らしく、瓦が割れた瞬間にバランスを崩して足を滑らせてしまった。


関連記事:建築現場で鉄棒が頭蓋骨を貫通した男性 10時間の大手術で奇跡的に回復

 

■棒が刺さる惨事

屋根から落ちた男性は、地面に設置してあった約152センチの金属製の棒に尻から激突。棒は男性の腸に深く食い込み、体内に大きな傷をつけた。

尻から血を流し苦しそうな声を上げる男性を救おうと、同僚らがすぐに通報。駆け付けた救急隊員は尻から突き出していた部分(約58センチ)を急いで切除し、激しい痛みを訴える男性を病院に搬送した。

次ページ
■男性の今

この記事の画像(1枚)