交際相手の12歳娘に無免許・猛スピードで運転させた男を起訴 電子タバコまで…

非行に憧れるようになった多感な時期の少女たちに、何でもやらせてくれたある男。その行為が重罪として裁かれようとしている。 

社会

2020/06/14 10:00

少女が運転
(GOLFX/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

41歳の男が12歳の少女をSUVの運転席に座らせ、ハンドルを握ると「もっとアクセルを踏め」とあおり立てた。そして猛スピードで運転させたというが、その経緯は呆れたものだった。



 

■時速136キロもの速さで

今月8日、米国・フロリダ州パームビーチ郡のジュピターでのこと。制限速度が時速45マイル(72キロ)の道路で、85マイル(136キロ)もの猛スピードで走るSUVが目撃された。

同車は違法なUターンをしたところで検挙されたが、運転免許証を持っているはずのない幼い少女がハンドルを握っていることが判明。

「なぜそこまでスピードを出していたのか」と警察官に問われた少女は、「そうするようマイケルソンに命じられた」と返答し、名指しされたショーン・マイケルソンという男が、酒を飲んでいることも確認された。


関連記事:超危険運転で逮捕された男があきれた主張 「薄毛の進行がつらくて…」

 

■拒めば嫌われると不安に

少女の母親と交際中で、数日間にわたり少女やその友人たちを自宅に預かることもあったマイケルソン。

そんな中で少女に「車を運転してみたい」と言われ、拒めば「ダサイ男」だと嫌われるのではないかと不安を感じた。むしろ、若い世代をよく理解している「イケてる男」のように印象付けるチャンスだと考え、少女の運転を許可したという。

次ページ
■電子タバコも買い与える

この記事の画像(1枚)