ジョギング中に白鳥のひなを蹴り殺した冷血男 警察が捜査も

ジョギング愛好家の中に、これほどまでに傲慢で残酷な者がいるとは…。

社会

2020/06/14 16:25

ジョギング
(Ljupco/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大きな池のほとりにあり、人々の憩いの場となっている散歩道。犬を散歩させている人もいれば、鳥たちが佇んででいることも…。そんなのどかな場所で、冷血非道男が起こした動物虐待致死事件が、英国・ロンドンから伝えられた。



 

■重傷を負った白鳥は死亡

今月8日、ロンドン西部の広大なリッチモンド公園にあるペン池(Pen Ponds)のほとりで、ジョギングをしていた男が白鳥のひな1羽を強く蹴飛ばすという事件が起きた。

通報によりパークレンジャーが保護したものの、重傷を負ったひなは11日午後に死亡。動物虐待致死事件として、現在ロンドン警視庁・王室公園警察が市民に情報の提供を呼び掛けている。


関連記事:ボロボロの新生児遺体が池のほとりに 内臓はオオトカゲに食われたか

 

■「邪魔だ、どけっ!」

Facebookの公式ページで、この事件に関する情報を公開した王室公園警察。目撃談から、容疑者の特徴を「身長170センチ前後の白人の男。60歳前後で髪はグレー、薄毛。ウェアは黒のランニングショーツとベスト」などと示している。

目撃者によれば、容疑者の男は白鳥をジョギングの邪魔だと罵っており、偶発的な事故ではなく故意に蹴ったものと考えられるという。

次ページ
■10日間で5件も発生

この記事の画像(1枚)