やや不気味な大量のカカシが置いてある謎の千住大門商店街 理由を調べてみた

なぜか大量のカカシがいる千住大門商店街、その理由とは

地域

2020/06/14 10:20

大型のショッピングモールやスーパーが全国にできても、地域に根付いた商店街はまだまだ賑わいを見せており、地元の特産品や名物を販売していることも多く、商店街巡りはなかなか楽しいもの。

記者(私)も商店街巡りが趣味で、先日は足立区にある『千住大門商店街』へ行ってみたのだが、最初は「なんだかほんわかしていい商店街だなぁ」と感じていた。


画像をもっと見る

 

■ほんわかした商店街だが…

ちょっとお年寄りをいたわろうと思うような張り紙があったり…

美味しそうな惣菜が並ぶ肉店や和菓子店があったりと、なかなか楽しめそうな雰囲気だったのだが…


関連記事:巣鴨商店街、縁日“決行”で客が密集 批判相次ぎ謝罪「重く受け止めております」

 

■なぜかカカシがアパートの前に

アパートの前に座っている女性が、ただならぬ違和感を発していたのでよく見ると、な、なんと…!

人間ではなく、カカシだったのである。なぜアパートの前にカカシがいるのか不思議に思ったが、防犯のためだろうか?

次ページ
■和菓子店や肉店にも

この記事の画像(12枚)