不倫した末にフラれた男 相手女性への猛烈なストーカー行為で裁判沙汰に

家庭があることを伏せ、シングルマザーとの恋愛に走り束縛した男。事実を知った相手に捨てられるなり、今度はストーカーに…。

社会

2020/06/15 09:40

ストーカー行為
(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

不倫相手の全てを支配していた男が、関係解消を切り出され激怒。1100回の電話や脅迫で相手を震え上がらせ、警察に逮捕された。



 

■不倫相手を束縛

英国・ランカシャー州ブラックバーンで暮らす33歳の既婚者が、あるシングルマザーに出会い恋に落ちた。男は妻と複数の子供がいることを伏せたまま女性にアプローチし、交際をスタート。

だが男は女性の全てを支配することを望み、「化粧はするな」「外出する際は行先を知らせろ」「起きたら自撮り写真を送ってこい、服装をチェックするから」などと命じるように。服装が気に入らないと着換えを命じるなどし、女性を困惑させた。


関連記事:元男性のトランスジェンダー女性に最低な行為 悪質ユーチューバーを逮捕

 

■フラれた男がストーカーに

男との交際開始から約1年後に、女性は「彼には妻子がいる」という話を耳にし愕然。本人に問いただしたところようやく「確かに既婚者だ」と認めたため、女性は別れを決めた。

だが男はそれに納得せず、その日を境に1100回も女性に電話をかけるように。着信を拒否してもそのたびに別の番号を使って連絡を試み、女性の家族にまで電話をかけ始めた。

さらに男は、「お前のわいせつ画像を家族に送信してやる」などと脅迫。そのような嫌がらせ行為が20197月から10月まで続いたという。

次ページ
■通報された男

この記事の画像(1枚)