自粛解除の反動か 高層マンションの屋根で遊ぶ子供を警察が厳重注意

子供たちが、じっと我慢してきた「外で元気に遊びたい」という気持ち。非日常のスリルを求める好奇心も蓄積していた場合は要注意だ。

社会

2020/06/15 09:00

子供・ベランダ・屋上
(Florin Cristian Ailenei/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大によるロックダウン(都市封鎖)が、各地で順次解除となっていた中国。人々の危機感が薄れることでの流行の第二波、第三波到来がこの国でも懸念されているが、解除の反動でハメをはずすのは若者だけではない。

遊びたい年頃の子供たちにおいては、別の意味で注意が必要だ。



 

■命知らずの危険な遊び

中国・貴州省遵義(じゅんぎ)市のあるニュータウンで、32階建てのマンションの切妻屋根に登って遊んでいた、10歳前後とみられる4人の子供たちが警察に通報された。

子供たちは火災など非常時のみ利用できる出口から屋上に出て、さらに約20分間、急こう配の屋根のうえでしゃがんだり、バランスを取って歩いたり、また避雷針を握りながら踊るなどしていたことがわかっている。


関連記事:2歳未満の子供にマスク着用は「危ない」 その理由が怖すぎた

 

■「肝が冷えた」と目撃者

高さほぼ100メートルというマンションの、決して登ってはならない危険な屋根で遊んでいた子供たち。

その様子を目撃してマンション管理事務所に通報した住民は、いずれも「肝が冷えた」「心臓が止まるかと思った」などと話しており、その後、警察は子供たちの保護者も呼んで注意。処罰があったと報じるメディアもあるようだ。

次ページ
■長く続いた辛抱の反動か

この記事の画像(1枚)