ローソンのハンバーグ「点線が見つからない」と物議 広報に直撃した

ローソンの鉄板焼ハンバーグの表示が物議。ローソン本社の正式回答とは…

話題

2020/06/16 09:40

ローソンは2020年の春以降、紙パックの飲み物や惣菜、お菓子、冷凍食品、生活雑貨など約680品目のパッケージデザインを一新したが、SNS上では、そのデザインについてさまざまな声があがっている。そんな中、ハンバーグの新パッケージが、物議を醸している。

この件に関して、しらべぇ取材班は、ローソンから直接話を聞いた。



 

■点線が全然見つからない

SNS上には、「わりとローソンの新デザイン容認派だったんだけど、さすがに『点線まで剥がして』の”点線”が全然見つからない」「ようやく見つけたときに、『は?なんやこれ正気か?』となった」と投稿されている。このツイートには、15日午後5時現在、5万件のいいねが押されている。

ローソンハンバーグ新パッケージ

しらべぇ取材班もこの商品を入手したが、確かに、点線が見にくい。これを、現在も一部の店舗で販売されている旧パッケージと比較すると、一目瞭然だ。

ハンバーグ旧パッケージ

なお、旧パッケージは、在庫がなくなり次第、終了になるという。


関連記事:ローソンで「マスク着用なしの入店お断り」の張り紙 本社広報は取材に誤った説明

 

■ローソンもさまざまな声を把握

しらべぇ編集部の取材に対して、ローソン広報部は、この投稿を確認の上、以下のような回答をくれた。

「投稿いただいたお客様につきましては、ご不便・ご迷惑をおかけしたことを大変申し訳なく思っております。パッケージの変更から2か月以上が経過し、お客様や従業員の方々から、『可愛い』というお声や『分かりづらい』といった数々のお声をいただいています。皆さまからいただいたご意見をもとに、商品名の表記などについて検討を進めています」という。

「一例として、納豆と豆腐のローマ字表記が分かりづらいとのお声をいただきましたので、来月にも新しいパッケージでお届けする予定です」とのこと。

次ページ
■お客様と一緒に作っていく商品でありたい

この記事の画像(2枚)