土屋太鳳、コンビニバイトと女優の意外な共通点 「すごく厳しかった」

土屋太鳳がインスタグラムを更新。コンビニのアルバイトと女優業の共通点をつづった。

エンタメ

2020/06/16 15:40

女優の土屋太鳳が16日、自身のインスタグラムを更新。コンビニのアルバイト経験を経て見つけた女優との共通点を語った。



 

■女優業に向き合う時間

再開された仕事と向き合いつつ、大学のオンライン授業やレポート作成に勤しんでいるという土屋。なかでもレポートには悪戦苦闘しているようで、「クヨクヨしたりピリピリしたり」しながらも、周りの人からパワーを貰って頑張っているようだ。

そんな中、土屋は「女優ってなんだろう」と自身の仕事について向き合う時間があったそう。「そんなことを考えるほど演技を多くも深くもやってないのだけれど」と謙遜しつつ、導き出した答えは「生活から離れない女優でありたい」というもの。

View this post on Instagram

ずいぶんひさしぶりになってしまって さみしい気持ちになっております😢💦 お元気でしたか? . 前も書いたように私は仕事が再開されつつも 大学のオンライン授業を引き続き受けていて 8年生で卒業がラストチャンスなので がんばってはいるのですが… 今まで長めの文章を打ってる時は 書きためてその長さになっていたのだけれど レポートには期限があって複数なので 完全にスピードが…😵😵😵 . しかも打つまでに頭で考えるのも遅い😭 だから クヨクヨしたりピリピリしたりするのですが 周りの人からパワーをもらいながら がんばってます😢 . でも勉強になることもたくさんあって、 小さなことですけど 「添付が重いので送れない」ってこういうことか!!! とか…😅 私は今まで受け取る側だったので 「添付が開けませ~ん」というお返事はしても 意味がわかってるようでわかってなかったんだなと。 . 他にもこういうことはたくさんあって 今年度から事務所の方々にご理解をいただいて 新しいことに挑戦をしてるのですが、 ひとつひとつが社会勉強になってます🙏✨ . 女優ってなんだろうって 最近凄く考えることがあったんです。 そんなことを考えるほど 演技を多くも深くもやってないのだけれど💦 自粛期間で考える時間があったからだと おおめに見ていただくとして🙏💦 正解はないし、 人の心の数だけ女優像はあるから 本当に自由ではあるけれど 私は生活から離れない女優でありたいなと思いました。 上手く書けないけれど…💦 . 「花子とアン」の頃にコンビニでバイトをした時、 仕事を教えていただく感覚や覚える感覚、 研修を終えてお客様と接した時のハラハラ感、 うっかり失敗した時の焦りは 一期一会な要素も強くて、すごく厳しかった。 でも現場で見守っていただきながら 仕事を覚えていく感覚はすごく嬉しかったし、 その実感は女優の厳しさや嬉しさと同じです。 でも今は環境が本当に変わって 「どんな努力を積み重ねたら、 そんな凄い役職に辿り着かれるのだろう」 と思うような人生の大先輩方が 「映画観ましたよ」「ドラマ観てました」と御挨拶してくださる。 とんでもないことだし、本当にありがたいのに、 その環境にふさわしい大人に私はなってるかっていうと 絶対違うな、と思うんです。 . 今回の自粛中、 同じ仕事をしているはずの弟や 会社員経験のある姉の取り組みを見ていて、 生活って自分でつかみとっていくものなんだなぁと すごく思いました。 私は役をつかみとることだけに全力だったから、 これから新しい感覚も 少しずつ加えていけたらいいなぁ✨ . 長くなりましたが今日は緊張することが…💦💦💦 踏んばってきます💦✨✨ 写真はこの間と同じ撮影で、 衣装とヘアメイクをチェンジしたあと💡 自粛中にヘアメイクさんも研究なさってたとのことで 素晴らしく変身させてくださいました😳✨ ちなみに…「痩せた?」と聞かれるのですが 実は体重は増えてるんです!!! 不思議だ…🤔🤔🤔

A post shared by 土屋太鳳 (@taotsuchiya_official) on


関連記事:土屋太鳳、姉・炎伽とした「初経験」がファンの心癒すほど感動的

 

■アルバイトと女優業に通ずるもの

続けて、ドラマ『花子とアン』(NHK)に出演していた頃、コンビニでアルバイトをしたときのことを振り返る土屋。仕事を教えてもらう感覚や覚える感覚、客と接したときのハラハラ感など、「一期一会な要素も強くて、すごく厳しかった」としながらも、「現場で見守っていただきながら仕事を覚えていく感覚はすごく嬉しかった」と当時を振り返る。

この感覚は、女優業の厳しさや嬉しさと通ずるものがあるようだ。

次ページ
■アルバイトは「学ぶことが多い」

この記事の画像(2枚)