富士急、社長を絶叫マシンに乗せる映像が衝撃的 「シュールすぎる…」

富士急ハイランドが提案する「新しい絶叫スタイル」に爆笑の声。シュールすぎる…

話題

2020/06/18 08:40

ジェットコースター
(Jr Korpa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

絶叫系アトラクションで人気の富士急ハイランドが17日、公式ツイッターでコロナ禍における絶叫アトラクションの新しい楽しみ方を紹介。シュールな内容に、SNS上で爆笑の声が相次いでいる。



 

■「新しい絶叫スタイル」を提案

新型コロナウイルスの感染対策として、大声での発声を控えるようお願いしている富士急ハイランドだが、利用客からは「厳しい」「不可能だ」との声が寄せられることもあるという。

そこで、富士急ハイランドは絶叫せずに楽しむ「新しい絶叫スタイル」を実践した動画を投稿。「新しい絶叫スタイル お手本乗車」とのテロップとともに、富士急ハイランドの岩田大昌社長と富士急行の堀内光一郎社長が、終始無言でアトラクションに乗るという内容だ。

ときおりマスクがズレそうになるなどハプニングはありつつも、動じることなく無言を貫くふたり。動画の最後では、「絶叫は心の中で…」というテロップが流れた。


関連記事:ゆりやんレトリィバァ、誰が見ても不審な格好にファン絶叫 「二度見した」

 

■社長自ら矢面に立つスタイルに爆笑

無言を貫く社長たちの姿と、ジェットコースターがただただ風を切る音が流れる映像に、SNS上では「シュールすぎる…」「笑ってしまった」「度肝を抜かれた」と衝撃を受ける声が続出。社長たち自らが実践する姿勢に「一気に親近感が湧いた」「体を張った説明が素敵です」と称賛する声も寄せられている。

一方、やはり絶叫アトラクションは絶叫しながら楽しみたい人も少なくないようで、「難しそう」「声出さないのは無理だな」といったコメントもみられた。


■6月19日から全国の人が入園可能

富士急ハイランドは、新型コロナウイルス感染拡大により4月以降臨時休園していたが、5月からは山梨県在住者に限り、営業を再開していた。しかし、6月19日より来場対象地域を全国に広げ、全国47都道府県すべての人が入園できるように。

今回の動画で興味を持った人は、シュールすぎる乗り方で絶叫アトラクションを思い切り楽しんでみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→「コロナ感染者だ」 交通事故を起こした学生が激しい咳で警官を威嚇

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事の画像(1枚)