あっと驚く飛沫防止パネルが話題 「クスッと笑えるソーシャルディスタンスを」

町工場が画期的製品を開発した訳とは。その社長の想いとは…。

話題

2020/06/18 11:00

集中線バージョン
(写真提供:匠工芸)

学校では、ダンボールでできたパネルに囲まれて、給食を食べる風景も見られるようになってきた。そんな中、ソーシャルディスタンスの「窮屈感を何とかしたい」と立ち上がった町工場がある。しらべぇ取材班は、その社長の想いに迫った。


画像をもっと見る

 

■有名テーマーパークの小道具なども

兵庫県高砂市にある、従業員6名のプラスチック製品を手掛ける小さな町工場「匠工芸」。匠という名が付いているだけあって、やってることがすごい。

作業風景
(写真提供:匠工芸)

この工場は、有名テーマパークや劇団のショーで使われている、剣などの小道具や大道具を手掛けている。また、フィギュアを飾る、ディスプレイケースの製造も行っている。

武器倉庫
(写真提供:匠工芸)

しかし、新型コロナの影響で、テーマパークや劇場が続々と休園に追い込まれたことで、経営の危機に陥った。


関連記事:「おばあちゃんの女性服工場を助けて」 医療用防護服製造の呼びかけが話題に

 

■経営危機を乗り切るために

そこで、この危機を乗り切るために、従業員全員で、アイデアを出し合った。「新型コロナ対策に貢献したい」という折井社長の想いもあり、飛沫防止対策のパネルを4月上旬から発売。

透明パネル
(写真提供:匠工芸)

すると、全国から注文が入り、新型コロナが流行る前と比較して、売上が2割から3割減まで戻ったという。さらに新しいアイデアを出す社員も現れた。

次ページ
■コスプレイヤー社員が画期的提案

この記事の画像(5枚)