ストロング缶がトレンド入りで悲鳴続出 「販売終了ってマジ?」

ツイッターにトレンド入りしたことで、ストロング系アルコールに反響相次ぐ。「ストロング系が無くなると困る」という人も…。

話題

2020/06/19 05:30

コンビニ
(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

安くて手軽に酔えることから「コスパが良い」と支持されている、アルコール度数の高いストロング系アルコール飲料。とにかく酔いたい…と思ったときに選択する人も少なくないのではないだろうか。

そうした中、18日夕方にツイッターで「ストロング缶」というキーワードがトレンド入りして反響を呼んでいる。



 

■「ストロング缶」が話題に

オリオンビール株式会社は、人気ストロング系商品である『WATTA STRONG』を販売終了しているが、その経緯について『bizSPA!フレッシュ』が報じたため、インターネット上で話題に。

あくまでもオリオンビールがストロング系チューハイの販売から撤退したという内容なのだが、トレンド入りしたことで「ストロング缶が無くなるの!?」「販売終了ってマジ?」と全社も販売終了したと勘違いするユーザーが相次いだことで、さらに反響を呼んでいる。


関連記事:『カルディ』ストロング系とも相性抜群 「コスパ最強おつまみ」があった

 

■ストロング系を嫌悪する人たち

過去にはツイッター上で「ストロングゼロ文学」なるものも生まれ、「ジュースのように飲める」との理由から若者からも支持される“ストロング系”だが、一方で酩酊するまで飲んでしまうという声や、依存するほど酒に溺れてしまうのではないかと心配する声があがっているのも事実。

そのため、今回のトレンド入りに「悪酔いするから飲まなくなった」「あまりお酒を飲まない自分からするとストロング系は怖い」「全てのストロング系が無くなればいいのに」との声もあがっており、ストロング系全体に対する批判の声や、オリオンビールの判断を称賛する声もみられている。

次ページ
■「人生耐えられない」との声も

この記事の画像(1枚)