81歳の聖職者が死亡し高額の遺産は同性婚の27歳男性へ 世間も遺族も大騒ぎ

幸せに暮らしている年の差婚カップルは大勢いる。片方に資産があると、時には年齢に何十歳という差があることも…!?

2020/06/20 14:30

同性カップル・LGBT
(william87/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自身より54歳も若い男性を娶っていた、高齢の聖職者がこのほど死亡した。長きにわたり神に仕えていた者が同性愛者であったことに加え、まだ27歳の男性が「妻」として高額の遺産を相続したことに、世間はどうにも黙っていられない様子だ。



 

 

■54歳の年齢差で同性婚

ルーマニアのブカレストで先月31日、英国国教会の聖職者であったイギリス国籍のフィリップ・クレメンツさんが、心疾患により81歳で他界した。

彼の「妻」であるフローリン・マリンさんは、ルーマニア国籍の27歳の男性だ。ふたりはゲイ専門の出会い系サイトで5年前に知り合い、一旦の破局を経て3年前、同性婚が法的に認められているイギリスのケント州で挙式していた。


関連記事:お産介助で新生児の命を救った警備員 「俺がなんとかしてみせる」と激励

 

■すべての遺産を相続

フィリップさんの死により、人生が変わったフローリンさん

日本円にして約1,350万円の価値がある自宅の名義はフローリンさんに変更されており、2,000万円強の死亡保険金の受取人にも指定されていた。また現在の状況のままであれば、月額約27万円の遺族年金を生涯受け取ることができるという。

こうしたことを知り世間は仰天。聖職者が同性愛者であったこともさることながら、「この若者はお金目的で余生短い高齢者に近づいたに違いない」と騒ぎ立てた。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■「年齢なんて関係ない」
同性婚同性愛ゲイイギリス年の差婚聖職者財産目当て同性愛者遺産相続ルーマニア
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング