「星になった」と話題の学校給食クレープ 販売終了の理由をメーカーに直撃

学校給食でおなじみの「牛さんクレープ」が星になった理由とは…

話題

2020/06/20 17:40


 

■星になった理由を漫画化

しかし昨年、その商品が星になってしまった。釜庄スタッフが、その理由を実話にもとづく形で漫画化。


それをツイッターに投稿したところ、製造元である山形のメーカーが、「現商品が販売終了してしまうのは寂しいですが、皆様の思い出の中に残っていて大変嬉しく思います」などとコメントした。


関連記事:コロナで大量に余った生花を… 無印良品の発表に「さすが」の声

 

■時代の流れにあわせてやむなく

星になった一番の理由が、アレルゲン対応。2019年春にリニューアルした商品には、卵・牛乳・小麦が使われていない。多くの児童・生徒が食べられるようにと、豆乳などに原料を変え、ネーミングも「フレンズクレープ」に変えた。

過去にも、複数の芸能人がこのクレープシリーズをインスタやツイッターにアップし、話題になったことがあるそうだ。

・合わせて読みたい→瀬戸朝香、新型コロナでの自粛生活で一番苦しいこと 「同感」「わかります」

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(2枚)