「彼氏を奪われる」と親友を刺した10代少女 判決の甘さに批判殺到

友人に嫉妬し、いきなりナイフで刺して重傷を負わせた少女。にもかかわらず収監を免れたことに対し、驚きと批判の声が噴出している。

社会

2020/06/21 15:20

ナイフで刺す少女
(OSTILL/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

突然背後から襲われ、親しくしていた友人に刺されたと気づいた被害者は愕然とした。その後どうにか体の傷は癒えたものの、大きな不安と心の傷は当時のままだ。



 

■友人に対する嫉妬心

20193月のこと、英国・ランカシャーの公園で友人たちを待っていた当時17歳のイヴ・ヒューイットソン・クロスさんが、いきなり背中を刃物で刺された。

刺したのはイヴさんと親友関係にあった16歳の少女で、「イヴが私の彼氏を奪おうとしている」と思い込んだ末の凶行だった。

2度ナイフを突き刺されたイヴさんは、大量に出血。少女の恋人が止めに入ったもののふたりは立ち去り、イヴさんは通行人に発見されて、ようやく病院に搬送されたという。


関連記事:ホラー映画にはまった10代少女 6歳男児を殺害し「満足しました」

 

■重傷を負った被害者

イヴさんの片方の肺には穴が開き、潰れたも同然に。それでもナイフが脊椎から数ミリずれたことで、体の麻痺は免れた。

治療を受け傷は癒えたというイヴさんだが、現在はPTSD(心的外傷後ストレス障害)と不安障害がひどく、学校やバイトに通うことを諦めざるを得なかった。「ひとりになると不安でたまらなくなります」「昔の自分には二度と戻れそうにありません」と、苦しい胸の内を明かしている。

次ページ
■収監を免れた少女

この記事の画像(1枚)