『伊東家の食卓』を再検証 「アク取り」する裏ワザ実験で予想外の結末

『伊東家の食卓 裏ワザ大全集』を偶然古本屋で手にした記者が、約20年経った今、当時の裏技でアク取りに挑戦。

グルメ

2020/06/21 12:00

伊藤家の食卓

約20年前、一斉を風靡した番組『伊東家の食卓』(日本テレビ系)。

あの身近な裏ワザを毎週紹介していた人気番組を凝縮したような書籍『伊東家の食卓 裏ワザ大全集』を偶然古本屋で手にした記者が、約20年経った今、当時の裏ワザを試してみることにした。


画像をもっと見る

 

■捨てるはずの”アレ”を活用

伊藤家の食卓

今回試すのは、「意外なリサイクルで鍋のアクを取る裏ワザ」。早速ネタバレすると“意外なリサイクル”とは、使用済みのティーバッグを使うこと。20年経ってもティーバッグの素材は変わっていないだろうが、もしかしたら使えない可能性もある。ではやり方を紹介する。

①使用済みのティーバッグを切って中の茶葉を捨て、袋を洗い、乾かしておく

伊藤家の食卓
②アクが出た鍋に①のティーバッグ袋を入れてくるくる回す


③アクだけが綺麗に取れる

そんな上手い話はないだろー!と思い、早速実践。野菜や肉をたっぷり煮込んだアクだらけ鍋にティーバッグの袋を垂らしてみたところ…なるほど、確かにアクが取れる! 布の表面にアクがひっついて簡単に取ることができるのだ。

ちなみに、紅茶を淹れるときと同じく紙部分を持って引っ張り回しそうになるが、そんなさわやかティータイム感はこのアク取りには不要。普通に箸でつまんでササッと表面を拭うのが一番手っ取り早い。


関連記事:ソーサーは紅茶を飲むためのもの 意外な歴史をチコちゃんが紹介

 

■ポイントは素材にあった

なんでこれこんなに取れるんだろう。調べると、ティーバッグは湯と茶葉を触れ合わせるべく目の粗い不織布で作られているため、繊維の隙間にアクが入り込みやすくキャッチしやすいという理由らしい。

しかしそうであれば、お茶パックやコーヒーフィルターでも同様の効果が得られるのではないだろうか。正直なところ紅茶パックは小さいため、大きな鍋でアク取りするには途中で洗う必要があったり、そもそも茶葉を捨てる下準備がちょっと面倒くさい。

時代は令和だ。この裏ワザを超えるため早速、お茶パックとコーヒーフィルターを買って実践してみた。

次ページ
■裏ワザが進化してしまう

この記事の画像(12枚)